ミニマリストの生活実態! 知っておきたいミニマリストのもの&お金の管理術。 ミニマリストの生活実態! 知っておきたいミニマリストのもの&お金の管理術。

ミニマリストの生活から学ぶ、ものとお金を上手に管理する方法。

投稿日:
更新日:
#人と暮らし
お気に入り
     

「心地よく暮らしたい」というのは、誰もが願う永遠のテーマでしょう。情報も、ものも溢れている現代、自分にとって必要なものをしっかり見極めて選び取るのは、なかなか難しいことなのかもしれません。

そんななか、注目を浴びているのが、シンプルに暮らすミニマリストです。自分に合うものを見極めて必要最小限のもので暮らす生活は、ものの取捨選択や片づけに悩む私たちにとって参考になることが多いはず。

そこで、人気コミックエッセイシリーズ『わたしのウチには、なんにもない。』の作者であり、ミニマリスト的な暮らしをされている、ゆるりまいさんにお話を伺ってみることにしました。ゆるりさんが語る、もの、物欲、そしてお金との付き合い方とは?

目次

ミニマリストの生活スタイルとは。

「自分をミニマリストと呼んでいいのかはわかりませんが、何かの参考になれば幸いです。正直なところまだわからないことだらけで、いまだにもの選びには失敗します。いらなかったなと思い手放して、傾向と対策は自分の中で少し見えてきたのかな」とゆるりさんは話します。

ミニマリストの生活スタイルとは。
ゆるりさんの仕事場。椅子とテーブルだけのすっきりした空間で、ねこたちがのびのびと過ごしています。

そもそもミニマリストとは何でしょう? 解釈は人それぞれですが、よく言われているのが「必要最小限のもので生活している人」です。

『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻理恵(2010年)が日本国内で150万部を超えるベストセラーになり、やましたひでこさんの提唱する「断捨離(R)」も注目を浴び、「片づけ」や「捨てること」は社会現象にまでなりました。

その後「ミニマリスト」という言葉が日本で大きく広まったのは2015年ごろのこと。

以降、ミニマリストという考え方や生活スタイルが注目されるようになっていきました。

東日本大震災を機にミニマリスト的な生活を志向。

もので溢れた実家で育ったというゆるりさん。押し入れやタンスに、ご先祖さまのものや使わない布団などがぎっしり入り、自分のものをしまうスペースが見つからないほどだったそう。

高校生くらいから片づけを意識しはじめたものの一緒に暮らす祖母や母親との考え方の違いもあり、うまくは進みませんでした。社会人になって仕事が忙しくなると、探しものが見つからないことやものが散乱していて歩きにくいことに、心が休まらない日々。

東日本大震災を機にミニマリスト的な生活を志向
本人いわく「汚部屋」だったころの当時の写真。

そんななか、ゆるりさんと家族にとって大きな転機となったのが、2011年3月11日に発生した東日本大震災です。家じゅうのものが凶器に変わる様子を目の当たりにして、「この日ほど、家にものがたくさんあることを後悔したことはない」と自身の漫画で振り返っています。

幸いなことに家族は無事だったものの、ねこのゆうちゃんが瓦礫の下に隠れてしまったり、避難生活に必要なものが見つからなかったり、ものが多いことの不便さを強く実感したそうです。

その後、住めなくなった実家を解体して片づけるなかで、家族とお互い歩み寄りながら、ものを処分していきました。家を建て直し、震災当時は婚約中だった現在の夫と4人暮らしに。

新居で暮らしはじめてから約10年。ゆるりさんはいま、すっきりと片づいた家でミニマリスト的生活をされています。

東日本大震災を機にミニマリスト的な生活を志向
2021年現在の自宅リビング。

ゆるりまいさんが感じたミニマリスト的生活のメリット。

「今の家はいつでも人を呼べるのがいいなって思います。汚部屋だった当時は友達が来るのは一大イベントで、何日も前から予約しておかないといけなくて。今、息子が友達を連れて来たいと言ったときに、いつでも“いいよ”って答えられるのが幸せだなと感じます。 

あと、新しくできたママ友が家に来たとき“え! なんでこんなに何もないんですか”とびっくりして会話が弾むなど、つかみは最高です(笑)」

ミニマリスト的生活で、ゆるりさんはほかにもさまざまなメリットを感じたそうです。

  • 掃除が楽に早く終わる。
  • 情報量が少ないから気持ちも落ち着く。
  • ねこたちがものを誤飲しない&散らかさない。
  • ものの管理が行き届く。
  • 災害時にものが凶器にならない。

生活の心地よさだけでなく、安心も強く感じているようです。最近また1つ、不測の事態にも適応しやすいことを実感されたのだとか。

「今年の5月に病気で倒れてしまい、緊急入院して手術をしました。とにかく急で、何も準備できなかったのですが、夫はものの場所がわかっていたので何も言わなくても必要なものをそろえてくれました。あとから必要と感じたものも自分で場所を覚えていたから“あそこにあれがあるはずだから持ってきてくれない?”と的確に伝えられました」

ゆるりまいさんが感じたミニマリスト的生活のメリット。
急な入院を経て、あらためてものや生活を見直した。

さらに、コロナ禍で、玄関をよりきれいに片づけることで、外出から帰ってきたときの消毒の動線がつくりやすくなったといいます。

ミニマリスト生活に必要なのは「捨てる知恵」。

ミニマリストと聞くと、「とにかくものを捨てまくる」「ものの少なさを追求している」イメージをもつ人も少なくないかもしれませんが、最初から思い切りよくものを処分できたわけではないようです。

ゆるりさんも、まずは明らかにゴミであるものを捨てるところからはじめて、その後「使わないものを捨てる」「自分に不要なものがわかってきて、捨てられるものが増える」と徐々に段階を上げていきました。

最終的には、当初は捨てるなんて考えに及ばなかったという、大型家具を処分するに至ったそうです。

ミニマリスト生活に必要なのは「捨てる知恵」
リビングに置いていたテーブルとテレビ台を処分したとき。家族の反対もなく、すっきりした空間で気持ちよさを実感。

しかし、そんなふうに血眼になってものを減らした時期を経て、今は「できるだけものを持ちたくない」「何が何でも捨てたい」という願望がなくなったそう。

「ものがないイコール正解ではないと思っています。何のために捨てるのかを頭に入れておくことが大事なんじゃないかなと。一時期の私は“捨てなきゃ”という思いに囚われていました。でも何のために捨てているんだろうと考えたときに、自分と家族が心地よく暮らすためにやっていたのだと気づきました」

捨てることはあくまでも心地よい空間をつくるための手段であって目的ではない。大切なのは自分も家族も快適に暮らせるものの量や片づけ方を追求することでした。

「自戒の意味も込めて伝えたいことは、自分がものを捨てはじめると気持ちよくなってきて相手に強要しがちということです。“あなたも捨てるべき”“私が捨ててあげる”という押しつけは、相手からしたら怖いですよね。家族とか友達とか、自分以外の人には“捨てなよ”と強要しないことが本当に大切だと思います」

ミニマリスト生活に必要なのは「捨てる知恵」
息子さんのおもちゃ類。片づけるしくみづくりに一緒に取り組み、自分の部屋で管理できる分は自由に増やしていいことにしている(写真提供/ゆるりまい)。

知っておきたい! ミニマリストのマネー&もの管理術。

ものを減らせばお金は増える!? ミニマリストのお財布事情。

ミニマリストや片づけ術の本を見ていると、「ものがない生活でお金が貯まった」と、経済面でもいい影響があったという方が多いようです。しかし、ゆるりさんはミニマリスト的暮らしをはじめたときにすごくお金を使ったそう。

「最初のころはいいものを持とうという意識が強すぎて、買い直すことが多くて、かえって高くついていたんですが、徐々にそれも落ち着いてきて無駄遣いは減ったと思います。とはいえ物欲があるので、持たない暮らしになった途端に貯金が増えたわけではありませんが、貯金を頑張っています。」

質のいいものを求めればお金もかかるし選ぶのも大変。それが自分に合わなくて処分してまた買い直さなくてはいけなくなったらなおさらです。

「一生ものと思って買うときほど後悔する率が高いかもしれない。結局のところ長く使ってみないとわからないので。一時期は人がいいというものを買ったりもしていましたが、大切なのは自分と家族に合っているかどうかです。万人にいいものってそうそうないので、基準を自分の中に見つけないと。

いっぱい失敗した結果、やっと自分に合うものがわかってきました。たとえばリネンやファブリック類は高いものを買わなくなりました。ねこがいるし、子どもも小さいのですぐ汚れてしまって。それだったら安価で手ごろなものがうちには合うなと」

ミニマリスト流、物欲との付き合い方とは。

捨てるのも片づけるのも好きな一方、物欲がひときわ強いというゆるりさん。では心地よいものの量を保つために、その物欲とはどう向き合っているのでしょうか? 

「ノートに“物欲帖”を付けています。買ったものの感想を書いておいて、月末に買ってよかったもの、悪かったものを振り返るようにしています。失敗したものとも向き合って記録しておくと今後の参考にできるし。

あと、毎日のバイオリズムが見えるようにしていて、この時期だと物欲が高まっちゃうなとか、寝不足が続くと物欲が高まりやすいなとか、生理前はメンタルが不安定になるなとか、自分を客観視するようにしています。

この時期は物欲が高まるから外に行かないようにしようとか、コントロールできるようになったらいいなと思っています」

ミニマリスト流、物欲との付き合い方とは
「物欲帖」には、毎日の体調とともに、その日どれくらいお金を使ったかマーカーの色でわかるように記している。

「お金のかけ方にメリハリをつけるようにもしました。私の場合、バッグや靴が大好きなのでそこにお金をかけて、化粧品は高いものを買わないようにしています。

一時期はデパートコスメを買っていたんですけど、私のライフスタイルならプチプラコスメでも変わらないってことに気づいてしまって。締めるところは締めてお金の出入りをコントロールできるようになってきました」

ミニマリスト流、物欲との付き合い方とは
自分の「好き」がたくさん詰まったクローゼット。

生活に役立てたい、ミニマリスト的思考。

ミニマリストから学ぶ暮らしを整える方法。

ミニマリスト的な暮らしを10年続けるなかで、家族にも大きな変化がありました。ものの定位置を手に取りやすく片づけやすい場所に決めることで、元々片づけが苦手だった家族も、自然と片づけられるようになりました。ゆるりさんも、家族のものの捨てるスピードや扱い方を、より尊重するように変化していきました。

ニマリストから学ぶ暮らしを整える方法
昔から家の中でスペースをとって好きではなかった仙台箪笥。母と祖母が震災後に修理に出して生まれ変わったのを見て、美しさに感動して気持ちに変化が。ちなみにドラマ版『わたしのウチには、なんにもない。』にも実物が登場。

自分自身の一番大きな変化は「自分という人間がより深くわかったことかもしれない」とゆるりさんは振り返ります。

「何回も失敗して、勉強して、片づけたり、掃除したり、捨てたりする時間は、結局自分のことを見直す時間でもあるのかなって思うようになりました」

ミニマリストから学ぶ暮らしを整える方法
毎日片づいた部屋を掃除しているから、道具をシンプルにしたら掃除もより楽になったのだとか。

まとめ 完璧なミニマリストになる必要はない!

ゆるりさん自身も決して達観しているわけではなく、常に考えて、変化し続けています。日々試行錯誤し、振り返りながら暮らしを変えていくプロセスそのものを楽しんでいることが伝わってきます。

「一時期、本当にものを持たないで暮らしてみたくなったことがあり、本当に好きなバッグ1、2個くらいで暮らしてみました。そしたら毎日が楽しくなくなってしまって。私にとってバッグは毎日楽しく過ごすための大事なアイテムなんだなって気づきました」

完璧なミニマリストになる必要はない!
お気に入りのあけびのカゴバッグ。

「暮らしを毎日楽しくさせてくれるアイテムは、人によっては本、時計、靴などいろいろ。好きなものを愛でる時間って幸せですね」

ミニマリスト的な生活を実践されているゆるりさんも、それに至るまでさまざまな葛藤や失敗を重ねていることがわかりました。

そのたびに立ち止まり、自分や家族、ものと対話を重ねながらみんなが居心地よく楽しく暮らせる道を模索してきました。その試行錯誤はこれからも続いていくようです。

「ものを持たないこと」は、あくまで今を気持ちよく暮らすための手段。自分にとってものやお金の本当の価値を見直すことこそが、豊かさにつながるのかもしれません。

写真提供/ゆるりまい


ゆるりまい
仙台市在住。漫画家、イラストレーター。夫、母、息子の人間3人+猫3匹暮らし。無駄なものが“なんにもない”家を目指すけど、ものも大好きな収集癖持ちという矛盾を抱えて道は険しい。計10冊の著書あり。『わたしのウチには、なんにもない。』シリーズ(KADOKAWA)は2016年に連続ドラマ化された。



※ この記事は、ミラシル編集部が監修者への取材をもとに、制作したものです。
※ 掲載している情報は、記事公開時点での商品・法令・税制等に基づいて作成したものであり、将来、商品内容や法令、税制等が変更される可能性があります。
※ 記事内容の利用・実施に関しては、ご自身の責任のもとご判断ください。

 

お気に入り
     
キーワード
#人と暮らし #ウェルビーイング #子育て #家事 #災害
関連する記事
共働き世帯が子育てしやすい街の条件と探し方のポイント。 共働き世帯が子育てしやすい街の条件と探し方のポイント。
子育てしやすい街はどう見つける?共働き世帯のための探し方。
投稿日:
#人と暮らし
共働き世帯での子育て、無理なく仕事と育児を両立させるコツ 共働き世帯での子育て、無理なく仕事と育児を両立させるコツ
共働きでの子育て、夫婦で無理なく家事・育児の負担を減らすコツ。
投稿日:
#人と暮らし
Ayumi Takahashiさんインタビューメインビジュアル Ayumi Takahashiさんインタビューメインビジュアル
自分にしかできないことを見つける──。アーティスト・Ayumi Takahashiさんが大事にしていること。
投稿日:
#人と暮らし
大事なパーツ(後編) 大事なパーツ(後編)
大事なパーツ(後編)
投稿日:
#人と暮らし
最近の記事
Ayumi Takahashiさんインタビューメインビジュアル Ayumi Takahashiさんインタビューメインビジュアル
自分にしかできないことを見つける──。アーティスト・Ayumi Takahashiさんが大事にしていること。
投稿日:
#人と暮らし
20代がお金を増やす方法って?時間と制度を味方に賢く貯めよう。【お金の専門家監修】 20代がお金を増やす方法って?時間と制度を味方に賢く貯めよう。【お金の専門家監修】
20代がお金を増やす方法って?時間と制度を味方に賢く貯めよう。【お金の専門家監修】
投稿日:
#お金
mv_2203_10_SP.jpg mv_2203_10_SP.jpg
アラサー会社員、再びアイドルを目指す!? (後編)
投稿日:
#人と暮らし
漫画タイトルメインビジュアル 漫画タイトルメインビジュアル
アラサー会社員、再びアイドルを目指す!? (前編)
投稿日:
#人と暮らし
mirashiru_kaiinntouroku.jpg
ミラシルの会員特典ご紹介!
投稿日:
#人と暮らし
ショートムービー
EXILE / 三代目JSB 小林直己さん主演ミラシル限定短編ドラマ「アイの先にあるもの」
投稿日:
#人と暮らし