妊娠初期の「つわり」のつらさ、どう乗りきる?ラクになる方法を解説! 妊娠初期の「つわり」のつらさ、どう乗りきる?ラクになる方法を解説!

妊娠中のつわりがひどい。症状を軽くするためにできることを産婦人科医が解説。

投稿日:
更新日:
#健康
お気に入り
     

妊娠初期のつわり。おなかに赤ちゃんがいる証拠と考えればうれしいけれど、「毎日、つらい!」のも本音です。吐き気に嘔吐、食欲不振……どう乗りきったらいいのでしょうか? そんな疑問を、日本産科婦人科学会専門医や日本産科婦人科学会認定ヘルスケアアドバイザーとしてさまざまな相談を受け、『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』『自分でできる!女性ホルモン高めかた講座』などの著書もある、産婦人科医の八田真理子先生にお聞きしました。

目次

妊娠初期の「つわり」とは?

妊婦の50〜80パーセントが経験する妊娠初期のつわり。「その感じ方は個人差が大きく、まったく何も感じない人もいれば、重症化して入院する人までさまざま。同じ人でも、1人目の妊娠と2人目の妊娠で症状が違うという場合もあります」と八田先生は言います。つわりの症状などについて、先生に伺いました。

つわりはなぜ妊娠初期に起こるの?

つわりの明確な原因は不明ですが、体が、妊娠初期の急激なホルモン変化に適応できないためとされています。そのほか、妊娠による生活の変化や精神的ストレスも大きく影響するようです。

つわりにはどんな症状があるの?

つわりの症状は千差万別。主な症状には以下のようなものがあります。

吐いてしまう(吐きづわり)。

せっかく食べても吐いてしまいます。ときには胃が空っぽになっても吐き気が治まらず、胃液を吐いてしまうことも。重症化すると、水を飲んだだけでも吐いてしまいます。

空腹が気持ち悪い(食べづわり)。

空腹になると気持ち悪くなったり、吐いたりしてしまいます。常に何か口に入れておく必要があります。

ムカムカして気持ち悪い。

吐くほどではないけれど、胃や胸がムカムカして、船酔いのような気持ち悪さが続きます。

食欲がない。

吐き気がして食欲がわかないこともあれば、単に食欲がなくなることもあります。

味の好みが変わる。

今まで大好きだったものが急に食べられなくなったり、逆に、嫌いだったものが無性に食べたくなったりします。また、特定の食べ物にハマる、酸っぱいものや辛いものが食べたくなる、ジャンクフードが食べたくなるといった変化がみられることもあります。

においに敏感になる。

ごはんの炊けるにおいや、煮物の湯気のにおい、油のにおいをかぐと気持ち悪くなり、料理ができなくなることがあります。また、柔軟剤や化粧品など、それまでいい香りと感じていたものが不快に感じられることもあります。

眠い・だるい。

どれだけ眠っても眠く、日中、強い眠気に襲われることがあります。また、だるさを感じて何もやる気が起こらないこともあります。

イライラや頭痛。

生理のときのようなイライラや頭痛を感じることがあります。

唾液が増える。

唾液が大量に出ることがあります。飲み込むには気持ちが悪く、吐き出すためにティッシュやタオルが手放せなくなる人もいます。

つわりはいつまで続くの?

つわりは、妊娠が判明して間もない妊娠5~6週ごろから症状が出はじめます。妊娠8~11週でピークを迎え、胎盤が完成する妊娠16週ごろには落ち着いてくることが多いです。ただ、個人差があり、16週以降の妊娠中期や妊娠後期まで続く人もいます。

妊娠初期のつらい症状を乗りきるために食べ物や飲み物を工夫する。

妊娠初期のつらい症状を乗りきるために食べ物や飲み物を工夫する。

つわりのとき、何をどんな方法で食べたり飲んだりしたらラクになるかは人それぞれ。八田先生のアドバイスを参考に、自分に合いそうな食べ物や飲み物、方法などを試してみましょう。

つわりがラクになる食べ物を見つける。

ゼリー系は固形物を食べられないときにおすすめ。酢の物や柑橘系のフルーツ、プチトマトなどは口の中がさっぱりします。外出時は、空腹による気持ち悪さを防ぐために、さっと口に入れられるあめやガム、グミなどを持ち歩くといいでしょう。

食べられるときに、何でも好きなものを口にする。

「しっかり食べないと、赤ちゃんが元気に育たないのでは?」と、心配になる人もいるでしょう。でも、大丈夫。赤ちゃんがお母さんの食事から栄養をもらうようになるのは、胎盤ができる妊娠16週ごろから。それまでは、卵黄嚢(らんおうのう)という赤ちゃんを包む膜から栄養を吸収しているので、お母さんの食事が影響することはほぼありません。つわりの時期は、食べられるときに、何でも好きなものを口に入れてみましょう。

少量ずつ分けて食べる。

食事をすると吐いてしまうけれど、何も食べずに空腹でいるのも気持ち悪い……。そんなときは、少量ずつ、1日5~6食に分けて食べるといいでしょう。小さめのおにぎりやパンを常備しておくと、いつでも手軽に食べられて便利です。

枕元にすぐ食べられるものを置いておく。

英語では、つわりを「Morning Sickness」というように、つわりは、朝、起きたときに症状が強く出やすいのが特徴です。枕元にクッキーやビスケットなど、すぐに口にできるものを置いておき、ひと口食べてから起き上がると、1日のはじまりがラクになることもあります。

つわりがラクになる飲み物を見つける。

炭酸飲料は口の中がすっきりし、空腹を紛らわしてくれます。また、スポーツドリンクは、余計な甘さがないため飲みやすく、嘔吐によって不足しがちな電解質を補うことができます。フルーツジュースは、唾液による口の中の不快感や胃のもたれを軽減してくれることもあります。

水分補給を欠かさない。

つわりで食べ物を口にできないときも、脱水症状を防ぐために、水分補給だけは欠かさないようにしましょう。一度に大量に飲むと、ほとんどが尿として排泄されてしまうので、こまめに飲むのがポイントです

そのほか、つらい症状を乗りきるための工夫。

そのほか、つらい症状を乗りきるための工夫。

食べ物や飲み物のほかにも、つわりを乗りきる方法があります。八田先生のアドバイスを参考に、ラクになりそうな方法を試してみましょう。

苦手なにおいを避ける。

湯気のにおいが気持ち悪くて料理ができないなら、お惣菜を買ってきたり、家事代行サービスに料理のつくり置きを依頼したりする。温かい食事のにおいが気持ち悪いなら、冷たくして食べる。生ゴミのにおいが気持ち悪いなら、生ゴミ処理やゴミ出しは家族にお願いする。柔軟剤や化粧品のにおいが気持ち悪いなら、無香料の製品に替える。といったように、苦手なにおいを避けるよう工夫しましょう。

無理をせずに横になる。

妊娠中は何が起こるかわからないので、無理は禁物。つらいときは、横になってゆっくりしましょう。抱き枕やビーズクッションなどを使うのもおすすめ。ラクな体勢をとりやすく、力が抜けてリラックスしやすくなります。また、横になるときや寝るときは、突然吐き気に襲われても大丈夫なように、洗面器やタオルを用意しておきましょう。

気分転換をする。

気分転換はとても大事。何もしないでいると、「つらい、苦しい」とつわりばかりが気になり、ますます気持ち悪くなってしまいます。散歩をする、軽い運動をする、友達と会う、好きな音楽を聴くなど、自分が心地よいことや楽しいことをして、つわりから意識をそらしましょう。

アロマの香りを楽しむ。

気分がすっきりし、気持ち悪さが和らぐことがあります。アロマポットやディフューザーを使って自宅で楽しむ、ハンカチにエッセンシャルオイルを1滴たらして持ち歩くなどを試してみましょう。妊娠5か月くらいまでは、通経作用や子宮収縮作用などの理由から、アロママッサージなど直接的な方法は避け、芳香浴程度の使用に留めてください。セージやフェンネル、ヒソップ、バジルといった子宮収縮を促す作用の強いオイルは、妊娠全期間を通じて使用を控えましょう。

妊娠初期は夫のサポートでつわりを乗りきろう。

妊娠初期は夫のサポートでつわりを乗りきろう。

男性である夫には、つわりがどれだけつらいかはわかりにくいもの。“つらそうな態度”で示しても、伝わることはなかなかありません。そのため、「助けてほしいときは、『こんなサポートをしてくれたらうれしい』と具体的な言葉で伝えるとよい」と八田先生も言います。どのようなことがあるのか、先生に伺いました。

家事をしてもらう。

気持ち悪いときに家事をするのはつらいもの。「○○と××の掃除をして」「洗濯物を干して」「△曜日にゴミ出しをして」など、具体的にお願いしましょう。

料理をつくってもらうorお惣菜を買ってきてもらう。

料理をするのがつらいなら、夫に料理をつくってもらいましょう。仕事帰りにスーパーに寄って、お惣菜を買ってきてもらうのもいいでしょう。

不安を聞いてもらう。

妊娠中は、何かと不安になりやすいもの。妊娠初期のつわりがつらい時期であればなおさらです。1人で抱え込むと精神的な負担になり、ますますつわりが重くなってしまうこともあるため、平気なふりはせず、できるだけ夫に話を聞いてもらいましょう。

つわりのつらい妊娠初期こそ、会社の制度を使う。

つわりの時期を無事に乗りきるため、可能であれば、仕事の仲間に体調のことを話しておくと安心です。八田先生は、「勤め先に、リモートワークや時短勤務などの制度がある場合、上手に利用するといい」と話します。そのほかには、どのようなものがあるか、先生に伺いました。

主治医に「母性健康管理指導事項連絡カード」を記載してもらって提出する。

「母性健康管理指導事項連絡カード」とは、主治医からの指導を事業主に伝えるための書類で、母子健康手帳の中に入っています。主治医に記載してもらい、事業主に提出すると、受け取った事業主には適切な処置を講じる義務が生じます。もし、職場で十分な配慮が得られにくいと感じた場合は、利用を検討してみてください。

「妊娠悪阻かも?」と思ったら、医師に相談して。

「妊娠悪阻かも?」と思ったら、医師に相談して。

つわりが重症化したものを「妊娠悪阻(にんしんおそ)」といいますが、どこからが妊娠悪阻なのかといった明確な診断基準は定められていません。ただし、母体や赤ちゃんに何かあってからでは遅いため、心配なときは、直ぐにかかりつけの医師に相談してください。判断に迷う時は、八田先生のアドバイスを参考にするとよいでしょう。

こんな症状が出たらすぐに受診を。

「水さえ飲めずに脱水状態になっている」「数日間、何も食べていない」「体重が妊娠前より著しく減った」などは重症妊娠悪阻のサインです。すみやかに医師に相談してください。

点滴で治療。場合によっては入院になることも。

治療では、水分や栄養を補給するために点滴が行われることが多いです。特に症状が重いと判断された場合は、数日間の入院が必要になることもあります。

写真/Getty Images


八田 真理子
聖順会ジュノ・ヴェスタクリニック八田理事長・院長。日本産科婦人科学会専門医・母体保護法指定医・日本産科婦人科学会認定ヘルスケアアドバイザー。複数の産婦人科勤務を経て、千葉県松戸市で実父が開院した「八田産婦人科」を継承し、1998年「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」を開院。地域密着型クリニックとして思春期から老年期まで幅広い世代の女性の診療・カウンセリングに従事。


※ この記事は、ミラシル編集部が監修者への取材をもとに、制作したものです。
※ 掲載している情報は、記事公開時点での商品・法令・税制等に基づいて作成したものであり、将来、商品内容や法令、税制等が変更される可能性があります。
※ 記事内容の利用・実施に関しては、ご自身の責任のもとご判断ください。

お気に入り
     
キーワード
#健康 #からだの悩み #妊娠中の病気
関連する記事
妊娠初期の運動、どこまでならOK? 妊娠中でもOKな運動・NGな運動を産婦人科医が解説。 妊娠初期の運動、どこまでならOK? 妊娠中でもOKな運動・NGな運動を産婦人科医が解説。
妊娠初期の運動、どこまでならOK? 妊娠中でもOKな運動・NGな運動を産婦人科医が解説。
投稿日:
#健康
妊娠・出産のベスト年齢は?年代別のメリット・リスクを産婦人科医が解説。 妊娠・出産のベスト年齢は?年代別のメリット・リスクを産婦人科医が解説。
妊娠・出産のベスト年齢は?年代別のメリット・リスクを産婦人科医が解説。
投稿日:
#健康
生理になっても、健康診断は必ずしもキャンセルしなくていいって本当?【医師監修】 生理になっても、健康診断は必ずしもキャンセルしなくていいって本当?【医師監修】
生理になっても、健康診断は必ずしもキャンセルしなくていいって本当?【医師監修】
投稿日:
#健康
ランニングすると痩せるのは本当?どのくらい走れば痩せるのかを専門家が解説。 ランニングすると痩せるのは本当?どのくらい走れば痩せるのかを専門家が解説。
ランニングすると痩せるのは本当?どのくらい走れば痩せるのかを専門家が解説。
投稿日:
#健康
最近の記事
Ayumi Takahashiさんインタビューメインビジュアル Ayumi Takahashiさんインタビューメインビジュアル
自分にしかできないことを見つける──。アーティスト・Ayumi Takahashiさんが大事にしていること。
投稿日:
#人と暮らし
20代がお金を増やす方法って?時間と制度を味方に賢く貯めよう。【お金の専門家監修】 20代がお金を増やす方法って?時間と制度を味方に賢く貯めよう。【お金の専門家監修】
20代がお金を増やす方法って?時間と制度を味方に賢く貯めよう。【お金の専門家監修】
投稿日:
#お金
mv_2203_10_SP.jpg mv_2203_10_SP.jpg
アラサー会社員、再びアイドルを目指す!? (後編)
投稿日:
#人と暮らし
漫画タイトルメインビジュアル 漫画タイトルメインビジュアル
アラサー会社員、再びアイドルを目指す!? (前編)
投稿日:
#人と暮らし
mirashiru_kaiinntouroku.jpg
ミラシルの会員特典ご紹介!
投稿日:
#人と暮らし
ショートムービー
EXILE / 三代目JSB 小林直己さん主演ミラシル限定短編ドラマ「アイの先にあるもの」
投稿日:
#人と暮らし